第39回 日本少年野球 関東大会 神奈川県支部予選 ブロック準決勝 vs 旭中央ボーイズ

関東大会への出場を賭けた神奈川県予選の準決勝が行われました。

対戦相手は旭中央ボーイズです。

勝てばダブルヘッダーとなる日程。今年度より適用となった日本少年野球連盟主催大会規定によりピッチャーの継投が鍵となります。

12.

(1) 投手は同一日に小学生の部は6イニング以内とする。中学生の部は1日7イニング以内とし、連続する2日間で10イニング以内とする。
(2) ダブルヘッダーでの連投を認めるが、投球回数を小学生の部は6イニング以内とする。中学生の部はダブルヘッダーに登板した投手及び連続する2日間で合計5イニングを超えた投手(5イニングは可)は、翌日に投手または捕手として試合に出場することはできない。
(3) 例えば、1試合目で5回投げた場合には、次の試合で小学生の部は1回、中学生の部は2回投げることができる。
ただし、端数回数 (0/3回1/3回・2/3回) は切り上げて1回とする。
端数回数の0/3回は、新しいインイングに入って一死もとらずに降板した場合を示す。
なお、小学生の部は変化球を禁止する。

つまり、延長が続くと2試合目への影響が大きくなると言うわけです。

先ずはシートノックから。
20140628-091337-0

20140628-091432-0

20140628-091709-0

試合開始です。

20140628-092747-0

先発ピッチャー。

20140628-094147-0

20140628-094607-0

20140628-094948-0

ピッチャーの打席。良く打ちます。

20140628-095032-0

セカンドがナイスキャッチでゲッツー取りました。

20140628-100745-0

20140628-101024-0

20140628-101420-0

20140628-101510-0

20140628-102956-0

20140628-103816-0

20140628-104012-0

20140628-104826-0

20140628-105159-0

結果は 6-1 で勝利。ただしいつもの課題は解消できず、ランナーが残塁するシーンが目立ちました。

20140628-110151-0